2013年08月26日

新しい気持ち。

数年前の話 前回のCのツアーの時に
まぁよくある現代病ぽいかんじなんだけどね 
自律神経なんちゃら みたいな… 
まぁそんな感じでw

つらい日が続いたんだよね。 
それもなんとなく ずっとつらい。 


そんな中で ツアー中で 
しかもツアー中で曲作りもしてた。 
めまぐるしく続く毎日ね。

自分の存在の意味も探しながらの作業だったよね。 


納得いくように 物事を動かせなくなりはじめた時から
やめるのなんて 逃げ出す事なんて クソ簡単な事だって。


ただ 自分の中で いつも自分に言い聞かせてる事の一つとして 


"落ちこぼれよりは 問題児でいたい"

まぁどっちも問題児なんだけどw  
事件を起こせるのも 問題起こせるのも 行動おこせるのも
才能の一つだって思ってるから。


とにかく 逃げ出す前に 逃げる事なんて簡単な事だってずっと思ってやってきた。 
いろんな人にも 相談したしね。 
つねに なにかと戦っている事で 自分を保ってきた。 

自分のなかでも 
今が大きな転換期になってると思う。 




当時は 
こんな事書いてひいちゃうかもしれないけどw


 
毎日毎日 呼吸もしずらく 胸も苦しくて
一人部屋になれて バンドマンとして ここまで来れて喜ぶはずのものが 
一人部屋の壁や天井から 物音が聞こえてきたり人の話声が気になったり
そんなツアーだったんだよね。 

とにかく一人になる時間もつらかった。

かといって 
団体行動するのも もう限界をこえていた部分もあって。 


もうどうしていいかわからなくて
調べたら 
よくあるサラリーマンみたいな人達がよくかかるやつで
しかもまじめで 
しかもなかなか能力がある人になりやすいやつだってww

ほめてくれてるの?? みたいなw



でも なんかそういう得体の知れない事になってしまって 

自分なんて一番ずぼらな性格してるし わがままで
人の言う事も聞かないようなガキが 
そんなものにかかるなんて 正直夢にもおもわなかったしねww

いまでもそうだって みとめてないし みとめたくないし。 


まぁ ただ 
それを完全に 治すには 
なにかにやりがいを感じたり
つまり 状況や環境を いまよりもあげたりする事で 
そう感じさせる事。 やりがいね。 

一般的には 引きこもりになったり 好きな事だけをし続ける事 
それが一番の療養らしいけど 
それには家族の理解と協力が必要だって なにかに書いてあったけど 

もちろんそんな事もしてられるはずもなくw

よく考えたら オレには 趣味なんてなかったのかもってw
音楽が一本 ずっと
趣味みたいな感じでやってきて 

きずいたら仕事になってて 

こういう状態になって 
ふりかえって 趣味って言われても… みたいなw


そんだけ ずっとそれだけ見てきた人生だったなって。 

同年代の地元の友達なんて 
子供生まれて 結婚して
通り過ぎで 一周して 
はげ上がって 離婚するような年代ですよ。 

二十歳そこそこで勢いで結婚したやつらが ばたばた離婚し始める時期。 

普通の同年代は そうなんだけど 
オレは時間が止まったままww
だから 子供でいれるのかな。 

夏休み中の事件がバレて 
家に退学の電話がかかってきて以来 
荷物も学校におきっぱなしのまま 

いまだにオレは夏休みなんだよ。 


ただ その夏休みも考えなきゃいけない時が 
ひょっとしたらそこまで 来てるのかもしれないよね。 
 

環境を大きく変えてみて 
いろいろためしてみたい事があるんだよね。 

だから
"新しいプロジェクト"始動させる事になりました。 

もちろん 最初だから スケジュールの空いた(空けた)時間にね。

"RADIOTS"も本当に本当に大事な時で 
ひそかに曲作りもしてるしw
彼らと一緒にやる事で 自分自身がいつもヒートアップしていることができる。
自分にとって大事な居場所なんだよ。

それにやっぱり自分にとって
やっぱり音楽しかないんだよね。 

それが趣味なのかもw

それが"おもちゃ"なのかも。

でもすごい事になるよ。
すでに何回もミーティングしてるし 
やりたいことのヴィジョンはかなり明確に見えてる。
それを表現する方法も。
もちろん民族的なものからは絶対にはなれられないんだよね。 
そこは期待してほしいんだよ。

いまは具体的な事はなにもいえないんだけど
とにかくまた新しい まだこの国でだれもやっていないような事だよ。
やばいのできるよ。
彼や彼女らのもってる才能にオレは 正直震えてるし 嫉妬もしてる。

ただ少しずつね ヒートアップしていくと思うんだよ。 このグループはね。
 
 
posted by HIROMITSU SKUNX & 969st BDz at 00:50| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。